脱毛サロンが思う嫌な客とはどんな人?自分は大丈夫かチェックしてみよう

この記事では脱毛サロンの人が思う『嫌な客』についてご紹介していきます。

最後まで読み進めることで、脱毛サロンから嫌われない・また来てほしいと思われる『良いお客さん』になれますから、良い雰囲気の中施術してもらえますし、受付の対応も優しいものに。

逆にこの記事を読んでおかないと、あなたも脱毛サロンから『嫌なお客』として扱われて、なんだか険悪な空気の中、施術してもらうなんてことも。

ではさっそく、脱毛サロンが思う嫌な客について見ていきましょう

脱毛サロンの人が声をそろえて言う嫌な客はこんなタイプ!

まずはどの脱毛サロンの人でも共通で「こんな客は嫌だ」と声をそろえて言うタイプの人をご紹介します。

まだ脱毛サロンに行ったことが無い人はぜひ参考にして、気を付けるようにしてください。

施術前にお風呂・シャワーを浴びてこない人

施術前にお風呂・シャワーを浴びてこない人は、総じて脱毛サロンの人から嫌な客と認定されてしまいます。

VIOラインを脱毛する時はデリケートゾーンのギリギリまで脱毛することになるのですが、お風呂やシャワーに入ってきた人と入ってきてない人では汚れ方が全然違うそうです。

また、デリケートゾーンに汚れが付いている方はニオイのほうもかなりきつく、マスクをしていてもニオイが鼻を直撃してくる人もいるようで・・・。

そのような嫌な客が来ると、『消毒しますね』と除菌タオルでデリケートゾーンを拭くところから始まり、

  • 施術に余計な時間・手間がかかる
  • 施術中はニオイに耐えないといけない

の2点からほぼ100%の確率で嫌われます。

ムダ毛の処理が雑すぎるまたはしてこない人

脱毛する時、毛が長いままだと脱毛の効果を得にくいこともあるので、脱毛する前には毛の処理をお願いしているサロンがほとんど。

しかし、毛の処理をお願いしているにもかかわらず全くしてこない人・かなり大雑把に処理しているせいで剃り残しが多い人がたびたび来店してくるそうです。

そうなるとシェービングに時間を取られ、次の予約までに急いで終わらせないといけなくなります。

なので、脱毛サロンに行くときは毛の処理をバッチリ行い、剃り残しが無いかチェックするようにした方がいいですね。

予約の時間になっても来店してこない人

予約の時間になっても来店してこない人は、脱毛サロンの人から言わせてもらうと『非常に迷惑なお客』なんだとか。

来店してこない人には主に

  • 急な用事・体調不良の人
  • 遅刻してくる人
  • 連絡もなしにドタキャンする人

と3パターンありますが、時間になっても来ない人のほとんどが『遅刻をしてくる人』です。

脱毛サロンはほとんどのお店で完全予約制をとっているため、予約の時間に遅れて来られると施術時間が足りなくなってしまうことも。

遅刻のせいで施術する時間が短くなったのにも関わらず、「どうして終わっていないの?」なんて理不尽なことを言われても「あなたが遅刻してきたせいでしょ!」なんて言えるわけもなくただ平謝り。

それでは嫌な客と思われてもしょうがないですよね。遅刻には十分注意しましょう。

脱毛サロンから嫌な客だと思われないために気をつけたい3つのポイント

脱毛サロンから嫌な客だと思われないためには、次にご紹介する3つのポイントにも注意しましょう。

先ほどご紹介した『脱毛サロンの人が声をそろえて言う嫌な客はこんなタイプ!』と合わせて読んでおけば、まず脱毛サロンの人に嫌われることは無くなりますよ。

生理中だと脱毛できない部位もある

生理中は肌が敏感になり、ちょっとした刺激でも負担になることがあります。

またVIOラインの脱毛だと、経血がサロンの人の手袋や脱毛機器に付着し感染症などのリスクもあるので、生理中は脱毛をお断りしている脱毛サロンは多いです。

しかしお客さんの中には

  • 生理中でも脱毛をお願いしてくる
  • 生理中なのを隠して来店してくる

というお客さんも。
もちろん、生理中に脱毛をお願いしても施術はしてもらえませんし、生理を隠してもニオイでわかります。

なので脱毛サロンから嫌な客だと思われないためにも、生理中は脱毛しにいかないようにしましょう。

脱毛サロンに行くときは着替えやすい服装で

脱毛する前には着替えをするのですが、パパっと着替えてくる人は好印象だそうです。

というのも、施術の時間は決められているので、パパっと着替えてくる人だと施術時間に余裕を持ってできるから。

そのため、脱毛サロンに行くときは着替えがしやすい服装で行くと良いでしょう。

気合を入れてメイクをしてくるのはNG!?

脱毛する部位によってはうつ伏せになったり横になったりするので、どうしても化粧は崩れてしまうことがあります。

なので、気合を入れてメイクをしてくる人は、「化粧が崩れるから」という理由でうつ伏せになりたくないと言ってきたりするお客さんも少なからずいるようです。

そのため、気合を入れてメイクをしてくと脱毛サロンの人のよっては警戒されます。

人によっては『嫌なお客だなー』と思う人もいるので、できるだけ薄化粧で行くといいですね。

【それって気にしすぎかも?】サロンの人が嫌な客と思っていない人のタイプ

脱毛サロンに嫌な客と思われることについてお話してきましたが、あなたが気にし過ぎるだけでサロンの人は全く気にしていないという事もあります。

最後にそれらをご紹介していきますね。

毛深くても嫌な客だとは思われません

「毛深いわたしは脱毛サロンの人に施術に時間がかかって面倒くさいと思われるかも」

と考えている人は、気にし過ぎです。

むしろ毛深い人のほうが脱毛の効果を実感しやすく、喜ばれることが多くて施術している人からすると嬉しいのだそう。

なので、毛深いから嫌な客だと思われることはありませんよ。安心してください。

人見知りでも全然OK!会話が無くても大丈夫です

「人見知りで知らない人と会話をするのが苦手」

という人も大丈夫!

脱毛サロンはいろんな女性が利用しているので、あなた以外にも人見知りのお客さんはたくさん利用しています。

そのため、人見知りのお客さんの扱いもサロンの人は慣れっこ。

「この人は話かけられるのが苦手な人かも」というのを空気で察してくれますから、変に気を使って話かけたりしなくても大丈夫です。

まとめ

脱毛サロンの嫌な客について、色々とお話していきました。

最低でも『脱毛サロンの人が声をそろえて言う嫌な客はこんなタイプ!」という項目を読んでおけば、脱毛サロンに行って嫌な顔をされるという事は無くなるはずです。

脱毛は1回だけでは効果がなく、何回も足を運ぶことになります。嫌な客だと思われながら施術をしてもらうのは嫌ですよね?

この記事を読み終えたあなたなら脱毛サロンに嫌われる要素はありませんから、安心して脱毛をしに行っちゃってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です