脱毛サロン当日の日焼け止めはNG?その理由と脱毛中の日焼け対策について

「日焼けした肌には脱毛できない」

という噂を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

しかし、だからと言って脱毛サロンに行くときに日焼け止めを塗っていくのはNGとされているんです。

日焼けしちゃいけないのに日焼け止めを塗っちゃいけないってどういうこと?という声が聞こえてきそうですね。

今回は、そんな気になる疑問を解明していきます。

また、脱毛後の日焼け対策についてもお話ししていきますので、脱毛と日焼け止めの関係に悩んでいた方はぜひ参考にしてくださいね。

脱毛サロンに行く際の日焼け止めがNGとされている理由は?

さっそく、脱毛サロンに行く際に日焼け止めを塗るのが良くないとされている理由を見ていきましょう。

また、そもそもなぜ日焼けをすると脱毛できなくなってしまうのか、その真相についてもお話ししていきます。

毛穴が詰まって照射の光が伝わらなくなってしまう

脱毛サロンに行く際の日焼け止めがNGとされている理由は、日焼け止めが毛穴に詰まって脱毛器具の照射の光が毛根まで届かなくなってしまう可能性があるからです。

また、日焼け止めを塗ったときに肌が白くなったという経験をしたことありませんか?

これは毛穴も同じ状態。

毛穴に白い日焼け止めが詰まっていると、に反応する脱毛器具の照射の光が反応せず、

脱毛の効果が存分に発揮されないんです。

せっかく高いお金を出して脱毛するのですから、「あのとき日焼け止めを塗ったせいで毛が残っている…?」なんて状態は避けたいですよね。

ウォータープルーフタイプは絶対避ける

脱毛サロンに行く際の日焼け止めは基本NG!

しかし日焼けすることもNGなので、ある程度の日焼け対策は必要なんです。

帽子や日傘を使ったり、カーディガンを羽織ったりして日焼け対策はしっかり行うようにしましょう。

もしどうしても日焼け止めを使いたいという場合は、

×落ちにくく詰まりやすいウォータープルーフタイプやクリームタイプ

の日焼け止めの使用は避け、

毛穴詰まりが起きにくいスプレータイプやリキッドタイプ

を選ぶようにしましょう。

そして、施術前に必ずサロンのスタッフさんに日焼け止めを使用していることを伝えてください。

軽くふき取りをしてから施術を行ってくれますよ。

日焼け対策は必須!

では、そもそもなぜ日焼けした肌に脱毛を行うことができないのでしょうか。

それは肌が焼けて黒くなっていると、黒に反応する脱毛器具の照射の光がそのまま肌に伝わり、やけどを負ってしまう可能性があるからなんです。

また、日焼けによって肌が乾燥していると普段より痛みを強く感じたり、光が毛根だけでなく肌にも分散されることで脱毛効果が下がってしまったり…ということも考えられます。

このような理由から、脱毛と日焼けは相性が良くないとされているんですね。

脱毛サロン後の日焼け止めはOK?

脱毛サロンに行く際の日焼け止めの使用は基本NGということがわかりましたが、脱毛後の日焼け止めについてはどうなのでしょうか。

紫外線によるダメージを避けるため塗ったほうが良い

脱毛後の肌は、脱毛器具の光照射によって普段よりも敏感な状態になっています。

そんな状態の肌に紫外線を浴びてしまうと、シミや軽いやけどを負ってしまう可能性があるんです。

ですから脱毛サロンに行く際は日焼け止めを持参し、帰りに塗っていくようにしましょう。

心配であれば、サロンスタッフさんに日焼け止めを塗っても大丈夫か確認をとると安心ですよ。

脱毛後の肌に使う日焼け止めを選ぶポイント

ちなみに、脱毛後の肌にはSPFやPFの高すぎない日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

SPFは肌にあたるUV-A(肌を赤くする紫外線)をどれだけ減らすことができるかを表した値のことで、1SPFあたり20分ほど肌への影響を遅らせる効果が期待できます。

PFはUV-B(肌を黒くしたり、しわややたるみの原因となる紫外線)をとどめる効果の値で、+(プラス)の数によって強さを示します。

脱毛後に使う日焼け止めを選ぶ際は、

  • SPF20~30
  • PF++以下

のものを選びましょう。

数値の高すぎる日焼け止めは紫外線による肌への影響を避けることはできますが、脱毛後の敏感な肌の負担となってしまうので注意が必要です。

脱毛サロンに行く際に日焼け止め以外で注意したいこと

最後に、脱毛サロンへ行く際に日焼けや日焼け止め以外で注意したいことを確認しておきましょう。

脱毛サロンごとの注意点を見てみよう

まずは脱毛サロンごとにどんな注意点があるのか表にまとめてみました。

サロン 注意点
ミュゼプラチナム ・当日の薬の服用

・肌の乾燥、日焼け

・1週間以内の予防接種

・生理

キレイモ ・処方薬を飲んでいる(1週間以内)

日焼けや傷、炎症がある

・生理

銀座カラー ・ステロイドの使用

日焼けや傷、炎症がある

・生理

脱毛ラボ ・3日前までの毛の自己処理

日焼け

・生理

どのサロンでもあげられているのが、やはり日焼け問題。

そのほか生理や薬、自己処理についても注意点がありました。

当日の自己処理は控えよう!1~2日前がベスト

脱毛サロンへ行く当日の自己処理はできるだけ避けるようにしましょう。

というのも、当日は脱毛の光照射によるダメージを受けることになるので、できればそれ以外のダメージは避けておきたいんです。

ですから自己処理はサロン予約日の1~2日ほど前に行っておくのがベストですよ。

また、自己処理を行う際は

  • カミソリ…肌へのダメージ大
  • 毛抜き…毛根から抜くので機械による脱毛効果を感じることできない

というデメリットがあるので、電動シェーバーの使用をおすすめします。

生理が来たらキャンセルしよう

脱毛サロンの予約日に生理が来た、または生理途中という場合はすみやかに予約をキャンセルし、日程を変更してもらうようにしましょう。

生理中の肌はホルモンバランスの乱れで敏感になっているので、肌トラブルが起きやすい状態です。

また、脱毛効果が存分に発揮されない可能性もあるので延期することをおすすめします。

ただし、サロンによってはキャンセル料金が発生することもあるので、自分の通うサロンのキャンセル時の対応はあらかじめ確認しておくといいでしょう。

まとめ

脱毛サロンへ行く際は日焼け止めの使用を控えることをおすすめします。

とは言っても日焼け対策は必須!

どうしても使いたいという場合はウォータープルーフタイプやクリームタイプの日焼け止めの使用を避け、スプレータイプやリキッドタイプのものを使用するようにしましょう。

お金と時間をかけて通う脱毛サロン。

その効果を存分に感じるためにも、正しい知識を覚えておいて損はないですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です