脱毛サロンは途中解約できる?途中でやめる際の手続きと注意ポイント

脱毛サロンに通うとなると、全身脱毛であれば最低でも2~3年は同じ所へ通うことになります。

しかし、やむを得ない事情で途中解約をしなければならない…なんてことも100%ないとは言い切れません。

そこで今回は脱毛サロンの途中解約についてお話ししていきます。

途中でやめる際の手続き方法と、サロンごとの解約ルールも一緒に紹介していきますので、今後起こりうる解約の際の参考にしてくださいね。

脱毛サロンは途中解約できるの?

ではさっそく、脱毛サロンの途中解約はできるのかできないのか、その真相を見ていきましょう。

条件を満たせば解約可能

結論から言うと、ほぼどこの脱毛サロンでも途中解約可能です。

ただし、

  • 契約金額5万円以上
  • 契約から1ヶ月経過している

などといった条件を満たしている場合が対象となり、違約金が発生します。

違約金は残りの施術回数料金の約10%の金額とされ、上限は2万円。

払い戻しを受けることが出来る金額は、契約代金-(施術済み料金+違約金)となります。

サロンによって契約の条件が異なる場合もあるので、契約書類の解約欄は最初にしっかり確認しておくことをおすすめします。

効果への不満や引っ越し、妊娠など理由はさまざま

脱毛サロンを途中解約する際の理由はさまざまです。

脱毛効果・サロンスタッフへの不満

最初にあげられるのが、脱毛効果やサロンスタッフの対応への不満です。

脱毛サロンはだいたい2ヶ月に1回のペースで2年以上通うことになる場所。

脱毛の効果を感じない、予約が取れない、スタッフの愛想が悪い…など不満な点があると通うのが嫌になってしまいますよね。

通っていくうちにわかることもありますが、最初のカウンセリングの際にはお店の雰囲気はしっかり確認しておくようにしましょう。

転勤や引っ越し、妊娠などのやむを得ない理由

次にあげられるのが、転勤や引っ越し、妊娠などのやむを得ない理由です。

脱毛サロンは長い期間通う場所ですから、契約当初には想像もしていなかった状況になる可能性もあります。

引っ越しや転勤先に系列の店舗があれば話は早いですが、そううまくもいかないもの。

サロンによっては妊娠・出産の場合などに休会手続きをしてくれるところもありますので、これは後ほど確認していきましょう。

契約日から8日以内ならクーリングオフも可

ちなみに、契約日から8日以内であればクーリングオフも可能です。

契約の解除通知書を送ることで解約することができ、契約金の全額払い戻しを受けることができます。

今はあまりないようですが、「しつこく勧誘されて契約してしまった…」なんていうときはクーリングオフを使いましょう。

ただし、契約日から8日以上経過してしまっている場合や、すでに施術を受けている場合は途中解約扱いとなりますので注意してください。

脱毛サロンごとに異なる途中解約のルール

サロン別!途中解約のルール

では、各サロンの途中解約の条件や違約金、返金額を確認していきましょう。

サロン 途中解約の条件 違約金 返金額
ミュゼプラチナム 回数制:最終施術から1年以内 なし 残金全額
両ワキ完了コース:契約から1年以内 全額
コロリー 条件なし 残金の10% 契約代金-(施術済み料金+違約金)
キレイモ 月額制:契約の2ヶ月後から なし なし

 

回数制:施術を1度受けてから 回数制・通い放題:残金の10% 契約代金-(施術済み料金+違約金)
通い放題:施術18回目まで
脱毛ラボ 月額制:最低契約期間後 なし なし

 

回数制:条件なし 残金の10% 契約代金-(施術済み料金+違約金)
銀座カラー 契約から1ヶ月後 残金の10% 契約代金-(施術済み料金+違約金)
シースリー 条件なし
ストラッシュ 月額制:条件なし なし なし
回数制:

6回…10ヶ月以内、12回…1年以内

18回…2年以内

残金の10% 契約代金-(施術済み料金+違約金)
恋肌 月額制:最低契約期間後 なし なし
回数:条件なし 残金の10% 契約代金-(施術済み料金+違約金)

サロンによって途中解約の条件はさまざまです。

いつでも解約できるのは『コロリー』と『シースリー』

先ほどの表を見てみると、自身のタイミングでいつでも途中解約できるのはコロリーとシースリーのみでした。

これから環境が変わる可能性のある方は、最初からこのような契約内容のサロンを選んでおくといいかもしれませんね。

ただし、それぞれ残金の10%の違約金はかかってしまうのでそこは頭に入れておきましょう。

残金がそのまま戻ってくるのは『ミュゼプラチナム』

今回ご紹介した脱毛サロンの中で、唯一残金が全額戻ってくるのはミュゼプラチナムのみでした。

いつでも途中解約できるというわけではないですが、全額返金されるのはありがたいですよね。

脱毛サロンの途中解約手続きの方法・注意ポイント

最後に、脱毛サロンの途中解約手続きの方法と注意ポイントをお話ししていきます。

電話または来店のうえ手続きを行う

脱毛サロンの解約方法は基本的にどこのサロンも同じで、電話または来店のうえ手続きを行うことになります。

電話で解約可能なサロンであれば、後日書類が送られてくるので記入のうえ返送すると解約手続き完了です。

来店して解約を行うサロンは、店舗で書類を記入すれば手続きが完了となります。

解約の際は、

  • 契約書、契約時の印鑑
  • 返金額の振り込みをしてもらうための通帳またはキャッシュカード
  • カード払いをした人はクレジットカード

を持っていくとスムーズです。

解約手続きから約2~3週間後には口座に返金額が振り込まれます。

妊娠・出産の場合は休会や期間延長してくれるサロンも

妊娠や出産などでどうしてもサロンに足を運ぶことが出来なくなってしまった場合には、休会や期間延長といった対応をしてくれるサロンもあります。

例えば、

  • ミュゼプラチナム
  • キレイモ
  • 脱毛ラボ

など。

解約条件や違約金の心配をすることなく、安心して元気な赤ちゃんを育てることができますね!

また、転勤などの場合には、転居先の近くに系列店舗があれば無料で移動手続きを行ってくれるサロンもあります。

例えば、

  • キレイモ
  • 銀座カラー
  • シースリー

など。

ご自身の状況に応じて、サロンスタッフさんに相談してみてくださいね。

まとめ

脱毛サロンの途中解約は、基本的にどこのサロンも可能です。

ただし、各サロンの契約条件に基づいての解約となり、違約金が発生する可場合もあります。

契約の際はあらかじめ解約の内容を確認しておくようにしましょう。

せっかく始めた脱毛ですから、なるべくなら途中でやめずに続けていきたいもの。

妊娠や出産の場合は休会の対応をしてくれるサロン、転勤は引っ越しの場合は移転手続きを行ってくれるサロンもありますので、ご自身にぴったりなサロンを見つけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です